徳井義実はADHD?社会保険未加入の理由とは?病院は一体どうしていた?銀行預金も差し押さえられていた!活動自粛を発表

スポンサープロダクト

人気お笑いコンビのチュートリアル徳井義実さんが申告漏れと所得隠しを指摘された問題で連日世間を騒がせていますね。

徳井さんの数々の非常識なコメントから、ネットでは徳井さんが発達障害ADHDなのではないかとの声も多数上がっているようです。

10月26日にはさらに社会保険未加入であった事と、銀行預金の差し押さえもされていたという事が発覚し、またしても世間をあきれさせています。
社会保険に未加入だというところからその期間の病院などはどうしていたのでしょうか?

早速見ていきましょう。

 

 

チュート徳井がADHDだとネットで話題!

徳井さんがSNS上でADHDなのではないかとひそかに騒がれています。
あまり聞きなれないこの言葉、ADHDとは一体何なのでしょうか?徳井さんは本当にADHDを患っているのでしょうか?

 

ADHDとは?

ADHDは、注意欠陥・多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状が見られる障害です。ADHDは、これらの要素の現れ方の傾向は、「不注意優勢に存在」「多動・衝動優勢に存在」「混合して存在」というように人によって異なります。
出典:https://junior.litalico.jp/about/hattatsu/adhd/

ADHDは主に3つのタイプに分かれるようです。

不注意優勢型

ケアレスミスが多い、約束を忘れる、物を良く無くすといった不注意が原因で症状が出てくるタイプのようです。これらの症状は決して怠けからくるのではなく、あくまでも脳の機能発達が原因で起こるものみたいです。

 

多動・衝動性優勢型

じっとする事が出来ない、失言をしてしまうなどの多動性、衝動性からくるタイプのようです。大人の場合はそわそわしている、体を小刻みに揺らすなどといった形で表れることは多いようです。

 

混合型

名前の通り、不注意型と多動・衝動型がミックスになっているタイプです。

徳井さんの場合、この不注意型なのではないかといわれています。
大人のADHDは全体的に不注意型が多いようです。

 

徳井は本当にADHDなのか?

調べる限りでは今のところ医師からの診断等の報告は一切されていないようです。
ネットのユーザーの人々が勝手にでっち上げた可能性が高いですね。

 

チュート徳井 社会保険未加入の実態とは

株式会社『チューリップ』設立時から一度も社会保険に加入していない事が、徳井さんが所属する吉本興業の発表により報じられました。
この報道により徳井さんは速やかに社会保険に加入していく方針でいるようです。

チューリップ社及び徳井個人の社会保険料の納付状況ですが、2009年の法人設立時に社会保険の加入手続きをしていない状況が続いておりました。速やかに加入手続きをいたします。

出典:吉本興業公式HP

 

また吉本興業のコメントとしては徳井さんが早急に保険の手続きを実施し、社会的責任を果たすまでフォローしていくと綴っています。
吉本興業の芸人さんは過去に雨上がり決死隊の宮迫さんなどの不祥事が相次いで起きているのでかなり慎重になっているでしょうね。

 

未加入の理由は純粋にただ税金を払いたくなかったから?

徳井さんが社会保険を払わなかった理由とは一体何だったのでしょう。
公式には明確な理由は発表されていません。

株式会社チューリップの役員兼従業員は徳井さんただ一人らしいです。

会社の役員が1人だったとしても特別な理由がない限りは原則社会保険への加入は必要のようです。

一部例外としては、ある一定の収益を見込めなかったり、役員報酬がゼロである場合に限り、加入を断られる場合があるようです。

社会保険に加入しない代わりに国民健康保険と国民年金に切り替えられるとの事でした。

ただ、徳井さんの場合、数々の不祥事が発覚した後に、1億円以上もの莫大なお金を速やかに納めたというところを見る限り、お金がなくて加入しなかったとは到底思えませんし、
仮に社保ではなく国保に加入していたのであれば今回の騒動の一環として報道されなかったのではないでしょうか。

 

徳井さんは5年前のラジオ番組でこのような発言もしています。

東京国税局に7年間で計1億3800万円の申告漏れを指摘されていたチュートリアル徳井義実(44)が、5年前に放送されたラジオ番組で、税金がかからないという理由で、UAEのドバイに移住したいと語っていたことが、ここにきて問題視されている。

問題の番組は、KBS京都で2002年(平14)4月4日から現在も放送が続く、チュートリアルがパーソナリティーを務めるバラエティー番組「キョートリアル! コンニチ的チュートリアル」(土曜午後10時)。徳井は14年8月9日放送回で、相方の福田充徳(44)に向かって、突然「移住しようかなと思って、海外へ」と口にした。福田が「いつくらい?」と聞くと「いつかとは、ハッキリ分からないけれど…40歳くらいになったら。どこがいいかなと、いろいろインターネットでずっと新幹線の中で調べている。今のところ大体、3、4択くらいなんだけど」と答え、移住先を調べていると明かした。

徳井は、移住先としてハワイ、かつてメルボルンに2週間、留学経験のあるオーストラリア、スリランカ、シンガポールとともにドバイを挙げた。ドバイについて「大金持ちの国ですよ。ドバイに移住…結構ね。経済的にもあれやし、ドバイに関して言うと税金というものが一切ないのよ。消費税、法人税、所得税、何もいらない」と、税金がないことを利点として強調した。

またハワイについても「色々な利点がある。ゆったりできるし、何より日本人観光客も来るから商売もやり安いし、いろいろ見本のケースがあるかな。将来も考えやすい」と経済的な利点を挙げた。

東南アジアについても「シンガポールは、税金が…法人税が、すごい安いから」と税金の面で、利点があることを、まず口にしていた。

出典:ライブドアニュース

 

このような発言を見る限り、どう考えても無知であったとは言い難いですよね…。

 

病気になった際の病院や保険証は?

社会保険に未加入という事は保険証が発行されず、病気になっても全額負担するということになります。過去の徳井さん本人のツイッター上でのつぶやきを見ると何度か体調を崩し足り、歯の状態を心配する様子がうかがえます。

自力で体調を回復させたとある記事も載っていますが、病気で病院に行った際はその都度全額を支払っていたのでしょうか?
保険料を毎月支払い続けるよりも痛手は少ないと考えたのかそのあたりはわかりませんが…。

 

銀行預金差し押さえの実態について

「チューリップ」は2010年3月期(3月が決算期)から12年までの3年間、15年までの3年間、いずれも申告期限内に申告せず、税務署からの指摘を受け、申告。再三にわたる税務署からの督促にも納付を済ませなかったため、16年5月、銀行預金を差し押さえられた。(※会見では16~18年の所得申告せず、と公表ずみ)。

出典:デイリー

徳井さんは3年間の間に税務署から何度も督促を受けていたにもかかわらず税金を納めてこなかったことも発覚したみたいですね…。
あきらかに督促という形で注意が来ているのですから、これを『知らなかった、ルーズ過ぎた』では片付けられないですよね…。ここまでくると確信犯といわれても仕方のないところまで来てしまっています。

 

まとめ

今回新たに発覚した徳井さんの不祥事とADHD説の浮上でまたしばらくは世の中がざわつき続けそうですね。

これで徳井さんは自らの活動を自粛する発表もされました。当面の自粛と言っていたので、いつ戻ってくるかは定かではありませんが、ここまで事を大きくしてしまった面を考えると少なくとも数年以上活動停止になるかもしれませんね。

個人的にはイチ社会人としてしっかり反省をして、またテレビの前に戻ってきてほしいと願うばかりです。

スポンサープロダクト