【同期のサクラ】9話ネタバレ感想!最終回考察も!サクラ花村建設に戻る?権力を持つサクラ!

スポンサープロダクト

【同期のサクラ】第9話が12月12日22:00~放送されました!

ついに目覚めたサクラ!展開が気になりますね!
早速見ていきましょう!

同期のサクラ第9話ネタバレ

サクラがついに目を覚ました。
それを聞いた同期のみんなは急いでサクラの元にかけつける。

サクラは9カ月もの間意識不明の状態だった為、会社も解雇をせざるを得ない状態になってしまったらしい。
みんなからの励ましの手紙に勇気をもらったサクラ。同期のみんなとの間にいつもの空気が流れた。

 

アパートに戻ったサクラと百合。サクラのアパートの家賃は同期のみんなが立て替えて守ってくれていた。

現状の同期それぞれの悩みを聞くサクラ。

百合は、葵とは結婚しないという事、新しい会社を立ち上げようかと考えていたり、菊夫はあらたな就職先でリーダーになってくれと話が進んでいたり、蓮太郎は、転職したいけどすみれが妊娠して育休に入るからどうしようかと悩んでいたり葵は百合が結婚しないと言われたことに関し悩んでいたり・・・・。

 

サクラは蓮太郎が協力して探してくれた再就職先の面接に動いていた。
しかし花村建設を辞めた経緯を聞かれ、素直に事実を話すサクラに、どこも雇ってくれない。

とりあえずコンビニでバイトしつつ再就職先を探すことに。
サクラはやはり建築に関わる仕事は諦められないようだ。

 

みんなに相談したいサクラだったが、みんなはみんなで悩み事に対してそれぞれ大変だろうと思うと打ち明けられずにいた。
逆にみんなのそれぞれの悩みを自分の力で解消しようと心に決め、みんなで鍋パーティーを誘う。

しかし、みんなからドタキャンの連絡が次々と来る。
みんなの悩みを解決しようと思っていた事が、それぞれすでにいい方向に自己解決をしていて、自分だけ取り残された気持ちになるサクラ。

 

コンビニでの忖度ないサクラの働きように、サクラはバイトをクビになってしまう。

その帰り道の公園で喫茶「リクエスト」のオーナーに会う。
喫茶店がネットカフェになってしまい悲しむサクラにオーナーは「古いものは変わっていってしまうから仕方ない」と言われる。

 

その後島のおばちゃんから電話が入る。東京に戻ってから連絡が無い事を心配し、辛かったらいつでも島に戻ってくるようにといった内容だった。

それを聞いて島に帰る事を決意するサクラ。

その事を報告する為に同期をネットカフェに呼び出した。

「新潟の建設会社に就職が決まった」という嘘をつくサクラだったが、
嘘をつくときに早口になる癖を早々に見抜いたみんなは心配をする。

それに対しサクラは、島に帰ったらじいちゃんが住んでいた家を守りながら今までの恩返しの為に島の人たちの手助けをしていこうかという本心を改めて口にする。

 

みんなみたいになにも成し遂げられないし、資格や技術なども何もない、忖度しかできない人間には東京は合わなかったのだと最近感じた事を続けて話し、強制的にその場を後にする。

 

アパートを引き払おうと家を出たサクラの元に同期が「連れていきたいところがある」とやってくる。

 

そこはサクラが新人研修のときに社長賞をとるべきだとサクラに言われた建設案、保育園の建設現場だった。
デザインが奇抜すぎてクライアントが見つからなかったり、近隣住民からの反対の声が上がったりしてなかなか進まなかったが、新人研修の時の建設案を出したメンバーが、サクラに当時褒められた時の言葉に幾度となく勇気をもらいここまで来る事が出来たようだ。

サクラの放つ言葉は同期を始め、誰かの心で今でも燃え続けている事。
そして同期に昔言って来た心に響く言葉を、同期のみんなはそれぞれ口に出し始める。

サクラの言葉でみんな変われたという事を。

そしてサクラが自分には何もないと思うのは、人に夢を与えるような素晴らしい建物を考える強い能力があるからなんだ、故郷に橋は架からないけど、俺達の心には橋をかけてくれたと力説するみんな。

それを聞いたサクラが口をあける。

「お前には自分にしかできない事がある」

「大人になるとは自分の弱さを認めることだ」

「本気でしかってくれるのが本当の友だ」

「辛い時こそ自分の長所を見失うな」

「大切なのは勝ちより価値だ」

「人生で一番辛いのは自分に嘘をつく事だ」

「サクラは決して枯れない。たとえ散ってもまた裂いて沢山の人を幸せにする」

 

みんなじいちゃんがFAXで送ってくれた言葉。
それを今みんなに言われた気がする。と。

そしてまたこう続ける。

「私には夢があります。

いつかこの素晴らしい仲間と沢山の人を幸せにする建造物を作る事です。

天国で見守ってくれるじいちゃんに今日もさくらは頑張っているよと毎日報告する事です。

故郷にかけたかった橋に負けないような橋をこれから出会う人血の心にかける事です。

それだけは諦められないので私はこれからも北野サクラであり続けます。」

 

そしてみんなで写真を撮ろうと提案するサクラ。

 

次の日からサクラはいつものあのサクラに戻っていた。

 

そしてついにサクラは再就職先が決まった。
と思ったらそこに突然黒川が訪れる。サクラの再就職先は花村建設の契約先だったようだ。

 

すると突然黒川から花村建設に戻って来ないかと告げられる。

目を大きく見開きびっくりするサクラ。

 

最終回に続く

 

同期のサクラ第9話感想

ついにサクラ目を覚ましましたね!予想では最終回に目を覚ますと思っていたので早い目覚めにびっくり&嬉しい!!

でも花村建設を辞めざるを得ない状態になり、再就職に大苦戦するサクラを見て、改めて黒川部長が花村建設にいたからサクラはそのおかげで新卒の時にストレート合格したんだな~と感じました。
普通、現実世界だとサクラみたいな忖度ない性格の人はなかなか雇えませんよね…^^;

以前はサクラの勇気付けともなっていたじいちゃんとFAXの存在。それがじいちゃんが死んでしまってどうなるのかとすごく心配になりましたが、今回の回を見て改めて、百合、葵、菊夫、蓮太郎の熱い友情に安心しました。って、あそこまでお節介焼いてくれる人達はいないと断言できる!!!(笑)
最後は突然の黒川さんの登場でしたがまたすごい急展開でしたね!
ついに次回でラスト!どうなっていくのでしょうか!

同期のサクラ最終回考察

9話のラストで黒川副社長から「俺の下で働かないか?」とサクラに突然の勧誘がありました。

次回は花村建設内での描写がたくさんあったのでサクラは花村建設に戻ったんですね。
とんとん拍子でうまくいきそうな予感があったのに、予告ではなにやら同期との間に不穏な空気が…。

黒川「これからは力を持てサクラ」

サクラ「今までの自分ではだめだと思っています。これからは副社長の言うように力をつけたいと思っています」「どうして協力してくれないんですか?みんな!」

百合「あんた変わったね」「もしかしたらあんたが1番権力を持っちゃいけない人間だったりして。」

予告であった発言を改めて全部回収してみました。
これらを見る感じだと、黒川の元で働くという事は上役の仕事をサクラは沢山目の当たりにしていくのでしょうか。そして同期のみんなが冷たい目で見るようになるところを考えると、元々サクラが持っていた夢や信念が全くなくなり、会社の利益を上げるためだとか、そういう間違った方向に進んで行ってしまうのですかね。

でもそれをまた同期の力でサクラは目を覚まし、最終的には故郷の島に橋を架けるプロジェクトが再スタート!きっと最後はハッピーエンドで終わるはずです。
故郷の橋は最後はやっぱり架かって締めくくってほしい~。

ネットの反応

https://twitter.com/shojishoj/status/1204790756440825857

まとめ

いかがだったでしょうか?
次回でいよいよ最終回!次回で本当にすべて追われるのか?といった展開になっていますが全て丸く収まってハッピーエンドで終わってほしいですね!
次回の最終回に注目です!

スポンサープロダクト