【同期のサクラ】第7話ネタバレ!第8話考察と最終回考察!サクラ意識不明で入院の原因が明らかに?じいちゃんの死が大きく関わっている?

スポンサープロダクト

【同期のサクラ】第7話が11月20日22:00~放送されました!

 

急展開を見せる今回!サクラの運命はどうなるのでしょうか。
早速見て行きましょう!

 

 

同期のサクラ第7話ネタバレ

 

2019年11月。
黒川はサクラの眠る病室内に居た。
「4年前、故郷の島に行かせてあんなことになってしまったから、俺のせいかもしれないな」と意味深なセリフを呟く。

2015年11月
サクラが入社して7年目。ついに橋の建設が始まった。

しかし最近橋は架からない、といった変な夢ばかり見るサクラ。

サクラは花村ホームの現地販売の仕事をしている最中、黒川から本社へ来てくれとの電話が入る。
橋の建設に関して問題が発生したとの事だった。

工事を始めたは良いものの、地盤が不安定で不安要素が出てしまったとのことだ。
しかし基準はクリアしているので問題はないのだが、その事がネットで噂になり、地元民が心配の声を挙げ続けているらしい。

そこで同じ島民のサクラに、工事を続けても大丈夫だという事を島民たちに説得してほしいと頼まれる。

その件を同期に報告するサクラ。
その際、蓮太郎が一級建築士になれたと嬉しい報告も聞く。
そして蓮太郎から付き合っている人がいるとの報告も受ける。なんとその相手はすみれだった。どうやら娘のつくしと仲良くなったのがきっかけらしい。

 

橋がかかる事と、今度同期たちと一緒に島に行く事をじいちゃんにFAXで報告するサクラ。
じいちゃんからは「楽しみに待っている」とFAXが届く。

 

島に向かうサクラ。同期のみんなも揃って一緒だ。
島につくと早速みんなで記念写真を撮る。

仲の良い島民たちとも久々の再会をする。しかし、その中のお世話になっているおばさんから、じいちゃんの具合が良くない事を初めて聞きサクラは動揺する。

 

じいちゃんちに到着するサクラ。
体調を心配するサクラに、聞かないふりをひたすらするじいちゃん。

 

夕食時、じいちゃんの前で同期のみんなは思い出話を楽しそうにする。
その様子を見てすごく嬉しそうなじいちゃん。

その後、じいちゃんはサクラにお風呂を沸かすよう頼み、サクラが席をはずす。
するとじいちゃんは同期のみんなに「これからもさくらをよろしくお願いします」と必死にお願いをする。

その様子を見てびっくりする同期に、じいちゃんは自分がこの先もう長くない事を続けて話す。

じいちゃんの必死な願いに胸を打たれる同期のみんな。

 

みんなが家を後にした後、じいちゃんと一緒にサクラは寝る。

じいちゃんからは「良い仲間を持ったな。 お前は俺の誇りだ。」と告げられ2人は眠りについた。

 

 

早朝。葵から大切な話がある、とサクラは呼び出される。

橋の事で、橋に使用するコンクリートの種類が違うところを葵が発見したというのだ。
そうすると橋の強度が下がってしまうのだという。

その事を桑原に直談判するサクラだったが、橋の着工そのものが中止になるぞ、もっと大人になれ、と桑原に脅される。

 

 

説明会会場でのシーン。
サクラはまだ迷っていた。同期の意見を仰ぐが、本当の事を島民に言うべきだとか、サクラの夢はどうなるのか、と意見が割れ喧嘩になる。

最終的にサクラが決めるしかない、といった意見になり、じいちゃんに相談してみないかと提案される。

 

 

サクラは急いでじいちゃんの元に駆けつける。

サクラは問う。「自分は大人になれるのか?」

じいちゃんはその問いに「人間は一生大人になれない。なる必要もない。」と答える。

その答えにハッとするサクラ。そして急いで説明会会場に向かう。

 

その途中、百合が心配そうにサクラの元に駆け寄る。
「何でサクラばっかりこんな目に遭うのか。」
「自分を貫いて生きる人間の宿命だとしたら、神様はひどいよね」

と抱きしめながらそうつぶやく。

 

次に葵が駆け寄る。
「お前の生き方が好きだ。だからお前が思った通りにやればそれがきっと正しい答えだ。」
と勇気づける。

 

ドアの前、菊夫が今度はサクラの元に。
「もし桑原から変な事を言われたら、俺がガツンと言ってやる。」とエールを送られた。

 

 

そして説明会が始まる。すみれから電話が入ったと蓮太郎から伝言を受けすみれと繋がった携帯を受け取る。

電話越しのすみれからこう話される。
「これから、あなたが出す答えは、どちらを選んでもあなたを苦しめることになる。
そうなったら私や蓮太郎達に助けを求めなさい。」と。

 

そしてサクラが島民の前で話す瞬間が訪れた。

 

サクラは自分が思い描き続けてきた夢を話し始める。

そして自分の言い続けてきた夢。
『私には夢があります。故郷の島に橋を架ける事です。』
『私には夢があります。一生信じあえる仲間を作る事です。』
『私には夢があります。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作る事です。』

2つ目の夢はかなった。3つ目の夢はまだ実現していないが。

 

しかし、1つ目の夢は…。

「この島に橋は架かりません。架けてはいけません。
基礎の深さは足りていないし、コンクリートの成分だって絶対に安全だと言いきれないから。
命を落とす可能性があるような橋を作るわけにはいきません。」

号泣しながら訴えるサクラ。

 

 

説明会終了後、桑原はサクラのスピーチに大激怒しながらもうサクラは会社にいられないと強く言い放つ。

それを菊夫達は、「サクラは正しい事を言った」と庇う。

 

 

サクラは家に帰り、じいちゃんの名前を呼ぶ。が、じいちゃんからの返事がない。

居間に行くとそこには冷たくなった状態で倒れるじいちゃんの姿があった…。じいちゃんはすでに帰らぬ人となっていたのだ…。

 

葬儀が終わり、サクラは東京のアパートに帰ると、じいちゃんから死ぬ間際に書いたと思われるFAXが届いていた。

 

「桜は決して枯れない。」
「たとえ散っても」
「必ず咲いて沢山の人を幸せにする」

と。

 

サクラはじいちゃんにこの先私はどうしたらいいの?と、返ってくるはずがないじいちゃん宛てにFAXを送る。

その後サクラは狂ったかのように部屋の中の本や書類、橋の模型を壊し、部屋のなかをぐちゃぐちゃにし始める。

 

 

2019年.黒川はサクラの眠るベッドの近くの机の上に、解雇通知を置く。

サクラが会社を休んでから1年が過ぎようとしていた。

 

 

2015年、百合は心配そうにサクラのアパートに行く。
部屋のカギは開いていて、ドアを開けると後ろ向きで静かに正座したサクラがそこには居た。

「大丈夫?」という百合からの問いかけに、

怖いくらい無表情のままサクラは「大丈夫です。仕事に行かなければ。」とだけ言い、部屋を出て行った…。

 

 

第8話に続く

 

 

 

同期のサクラ第7話感想

 

蓮太郎の突然のカミングアウトにびっくり!蓮太郎とすみれは付き合っていたんですね!

2019年での蓮太郎とすみれのそれぞれの病室でのシーンで、2人とも左手の薬指におそろいのような指輪をはめていたので、これはまさかと思っていましたが^^

今回の回は今までで一番心に響く印象に残る回でした。

橋の建設がやっと始まったというのに、まさか、不安定要素がありまくりの内容だったなんて…。

サクラが6話の回から見ていた不吉な夢は、この事を示していたんですね。

自分の出世の為だけに橋の建設を進めようとしている桑原には本当に殺意が芽生えました。
いつか天誅を下すシーンを入れてもらわないとこの憤りは抑えられない!!!

苦渋の決断をするサクラでしたが、そこは心がまっすぐのサクラ。やはり島民に嘘はつけませんよね…。

そしてまさかまさか突然じいちゃんが他界してしまうなんて…。
サクラが島民の前で泣きながらスピーチをしたシーンからドラマのラストにかけて、涙がずっと止まりませんでした…。

今までずっとずっとさくらはじいちゃんから届くFAXに勇気づけられてまっすぐに進んでこれたというのにこれからサクラはどうなってしまうのでしょうか。

 

 

【第8話予告考察】サクラが意識不明になった原因が明らかになる?

 

第8話の予告がかなり意味深でしたね。
「サクラ。あなたが居ない世界に、生きていたくない。」

たったこれだけの予告内容に視聴者はかなり動揺したのではないでしょうか。

あなたがいない世界という事は、これはサクラが生死をさまよう程の事件が起きてしまったと捉えられますよね。
という事は、次回サクラの意識不明になった原因がはっきり分かる重要な回になるかもしれません。

ドラマの最初の回で、サクラの病名が重い脳挫傷であると、百合が話しているシーンがあります。

脳挫傷とは、脳に何か強い衝撃を受けた時に起こる可能性が高いようです。
強い衝撃とすると考えられるのは

交通事故
足を踏み外して(滑らせて)固いものに頭をぶつけた
工事現場か何かの近くを通っていて頭上から何かが降ってきた

この辺りではないでしょうか。

このあたりの可能性と、第8話の予告から考えられる点を合わせて考えると、

サクラは島に橋がかからないショックとじいちゃんが死んでしまったショックから、意識が朦朧としがちになり、
意味もなく道を歩いていたら交通事故に遭ってしまった、or足を滑らせ頭を強く打ってしまった、or頭上から何かが降ってきてぶつけてしまった

という可能性が考えられますね。

 

 

【最終回考察】最終回はサクラが目を覚ます?橋は完成する?

 

黒川部長が第7話で専務に昇格していました。
これは黒川の期の中で唯一の出世コースのようです。

恐らくこのまま出世街道を進む黒川は、最終的に花村建設の社長になるのではないでしょうか。

第7話の最後に、サクラの枕元に解雇通知書を置き、一旦サクラは解雇処分になりますが、

▽最終回でサクラが目を覚ます。
▽サクラの夢を近くで今までたくさん見てきた黒川が、サクラの再雇用を決定
▽その頃ちょうど再建設が始まろうとしていた美咲島橋のプロジェクトにサクラが参加
▽無事に橋が完成してハッピーエンド。

こういう終わり方ではないでしょうか。というかそうであってほしい!!

いずれにせよ、次回はそのあたりの真相が明らかになりそうな重要な回になると思うのでより注目してみていきたいですね。

 

 

ネットの反応

https://twitter.com/OTOFUO102/status/1197141469804449792

https://twitter.com/toboe1202/status/1197179917277904899

https://twitter.com/flower_1a26/status/1197178809155407872

スポンサープロダクト