探偵ナイトスクープ松本仁志が新局長就任!西田敏行降板の理由がヤバイ!番組の趣旨変わる?世間は賛否両論の声!

スポンサープロダクト

視聴者からの様々な疑問を徹底的に解明していく長寿バラエティ番組『探偵ナイトスクープ』の新局長に、人気お笑い芸人『ダウンタウン』の松本仁志さんが大抜擢されました。

また同月に、2代目局長だった西田敏行が11月22日の放送を最後に降板をすることも発表されました。

松本さんの今の心境や西田敏行の番組降板の理由が世間を騒がせているようです。

早速見ていきましょう。

 

西田敏行が番組降板!その理由がヤバイ!

お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(56)が、ABCテレビの人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜午後11時17分、関西ローカル)の新局長に就任することが25日、分かった。

この日、大阪市内の同局で11月15日と22日放送分の収録が行われ、局長を務める俳優の西田敏行(71)が「3代目局長はこの人です」と松本を呼び込むとスタジオ内は大興奮。松本は「この番組の大ファンで二つ返事で引き受けさせていただいた。ネット見たら『松本イヤ』って書いてたけど」と笑わせると、「僕もこの番組が大好き。この番組を好きな人は松本が来たらカラーが変わるかもって言うかもしれないけど、僕ひとりで変わるもんじゃない。番組を愛してる者として、テレビで見させてもらってたのを、ここで見させてもらうくらいの感じで頑張ります」とあいさつした。同29日の放送分から3代目局長を務める。

最後の収録に臨んだ西田は「2代目局長に就任させていただいて、依頼者の熱くてアホで真っすぐな思いにたくさん笑いましたし、ハンカチ握って泣きました。本当に幸せな時間でした。19年間本当にありがとうございました」と感謝した。

収録後、囲み取材に応じた西田は降板理由について「上岡(龍太郎)局長のときに見てたテイストっていうのは、大阪人のエスプリを根底にして、深い時間に大人のおっちゃんがチビチビやりながら楽しんで、乾いた笑いを求めてた。そのテイストを大事にしようと思ってて、何かの拍子に泣いちゃった。それからどんどん感動巨編的な依頼が増えて、ちょっと初期のころのコンセプトと乖離してる気もした。乾いた笑いも、ちょっと濡れた感動も一緒になるような番組で令和は進んでいってほしいと思い、私が辞すること、そういうことが可能になるのかなと思った」と説明。昨秋ごろから降板を意識しており、隔週での収録とはいえ、新幹線で来阪するのも「肉体的にはだいぶ、しんどくはなってきていた」と打ち明けた。

出典:東スポweb

 

番組コンセプトのズレ

西田敏行さんは『探偵ナイトスクープ』第2代目局長として、2001年~2019年もの長きにわたる間やってきました。
降板の理由としてはまず番組のコンセプトが変わってきてしまったというところに西田さん本人が感じてしまったという事のようですね。

 

西田さんの体調不良?

今年で72歳になる西田さん。
西田さんは過去に何度か体調不良の事を報じられています。

西田さんが出演している近年のドラマの中で歩いたり走るシーンが殆どないようなのです。
たしかに、西田さんが出演のドラマを見てみると基本的に座っているシーンばかりが移されています。

撮影現場ではこんな指示も出されていたようです。

「2~3年前から、“西田さんを長時間、歩かせるシーンは控えるように”という指示が出されているんです。現場では、“足の調子が悪いのでは”という声があがっていますよ」(テレビ局関係者)

また、2019年9月に公開された映画『任侠学園』のイベントでは、歩くときに杖をついて歩いていたと周囲から心配の声が上がったようなのです。

 

そして2001年には頸椎性脊髄症で神経圧迫部位を除去する手術をしたり、

2003年には心筋梗塞、

2016年には自宅のベッドから転落して頸椎亜脱臼の手術を受け、

その直後に胆のう炎の手術も受けたとの事。

 

これだけ身体の内外両方のトラブルに見舞われているのを聞くととても心配になりますね。
しかし西田さんの所属事務所は「本人は至って元気」と、体調不良について否定するコメントを残しています。

肝心の降板の理由はまだ定かにはなっていませんが、11が22日の放送で明かされるようなので、22日の放送に注目ですね。

 

 

松本仁志の弱気な胸の内とは

大阪・ABCテレビの人気番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜・後11時17分)で3代目の局長に就任するダウンタウン・松本人志(56)が25日深夜、自身のツイッターを更新した。

同番組は、「局長」(司会)を務める俳優の西田敏行(71)が25日に同局で最後の局長の仕事となる11月22日放送分の収録に参加。番組の最後に松本が3代目の局長に就任すると発表された。収録後のツイッターで松本は「松本新局長~お前さすがに今日緊張してたな~」と心境をつづっていた。このツイートに26日午前8時現在、12万2000件もの「いいね」が寄せられている。

西田は昨年の秋頃から降板を考えていたといい、「大阪人としての乾いた笑いと、ちょっとぬれた感動も一緒になるような番組で令和は進んでいってほしい。体力的にしんどくなってきているのもある」と説明した。松本は「番組の邪魔にあまりならないようにしながらも、自分のところも出していかないといけないので、やってみないと分からない。レギュラーが1本なくなりまして」と、笑いも取りながら決意表明した。

出典:headlines.yahoo.co.jp

自分がずっとファンだった番組を任される事と、長寿番組というプレッシャーに

さすがの松本さんも弱気と思える発言を自身のツイッターでつぶやいています。

 

松本3代目就任にネットの反応は?

 

 

まとめ

西田さんの降板理由は体調不良もかなり関与してると言ってもいいかもしれませんね。

3代目に就いた松本さんには、最近の吉本のあまり良くないイメージをここで払しょくするくらいの頑張りを見せてほしいと願います!

そして22日の西田さん最後の出演の放送に注目です!

スポンサープロダクト