【4分間のマリーゴールド】第5話ネタバレ!沙羅の死因考察!沙羅が自分の死を知った後の行動とは?「よんまり」

スポンサープロダクト

【4分間のマリーゴールド】第5話11月8日22:00~放送されました!
ネットでは「よんまり」と略され注目されているようです^^

ついに沙羅が自分の死を知る!その後取った行動とは?

早速見ていきましょう!

 

4分間のマリーゴールド第5話ネタバレ

 

沙羅が来年の誕生日に死ぬ事を告げるみことに、廉はふざけた事を言うなと一掃する。
その後、みことに言われた一連の流れを藍にこぼす廉。

みこと職場でのシーン。
救急救命要請がいつものように鳴りわたる。
要請先は、廉の勤める会社の先輩の原田からだった。帰ってきたら奥さんが倒れていたらしい。
みことはいつものように奥さんの手のひらを重ねる。するとすい臓がんで亡くなる様子が頭の中に入ってきた。

その日の仕事終わり、みことは家で廉に原田の奥さんが倒れた話をし、すい臓がんで亡くなると言う事を話す。
その後廉は原田さんと職場で会い、奥さんの死因がみことの言った事とぴったりと当たりびっくりする。

廉が歩いていると偶然原田と遭遇する。
これから奥さんの病院に行くようだ。原田が覚悟が決まらないから廉に一緒についてきてほしいとお願いする。
奥さんと面会後、原田が奥さんに毎日会いに行けるように協力すると廉は伝える。

その日の夜、廉はみことに原田の奥さんの最期を聞く。
原田はなぜか奥さんの最期の時にアロハシャツを着ているという。

廉は怪訝そうな顔でそれだけ聞き部屋を出て行った。

広洋がついに次の旅先が決まり、出発の為に花巻家を出る。

とある廉の仕事の日。

出勤してこない原田を心配し、奥さんがまずいという事を聞いた廉は急いで病院に向かう。

すると病院の廊下にはアロハシャツを着ようとした原田の姿があった。
昔ハワイに行こうと約束をしていたが、それを叶えさせてあげられない為、せめて気分だけでも、と奥さんの気持ちを盛り上げようとしたみたいだ。

病室でアロハシャツで騒ぐ原田の姿を、奥さんは微笑みながらゆっくり目を閉じた。
原田の奥さんは、みことが予期したとおりすい臓がんで亡くなってしまった。

その後急いでみことの元に向かう廉。
原田の奥さんが亡くなった事を告げる。
沙羅が本当に死ぬのかと聞き、声を荒げてむせび泣く廉…。

みことと沙羅の関係にはもう口出ししない、最後まで沙羅を見守ってくれと廉。
廉はなんでも協力する事を決めたようだ。

藍が学校から帰ってきた。そこでみことが「ちょっと良いか」と廉の部屋に招く。
3人での話し合いの内容はもちろん沙羅の死についてだ。

沙羅を何とかして助けだす方法を話す3人。
すると途中で、みことが「聞こえた?姉さん」と。
押し入れの中になんと沙羅が入って話の一部始終を聞いていたのだ。

沙羅は自分が死ぬ運命にある事やみんなの想いをすべて知り、どうしたらいいか分からない、と部屋を出て行ってしまった。

沙羅の部屋を訪ねるみこと。が、そこには沙羅の姿はない。
いつもの灯台に行ってみるとそこには沙羅がいた。

沙羅は、今まで一人でずっと自分の能力に苦しんでいたみことを思い「ごめん」と泣きながら謝る。
しかしみことは、自分の力は沙羅を助け出す為のものだと話す。「沙羅は絶対死なせない。」

ある日の朝。沙羅が来年のカレンダーを壁に張り出し、自分の誕生日の日にちに花丸をつける。

そして花巻家にいつもの日常が始まった。

第6話に続く

 

 

4分間のマリーゴールド第5話感想まとめ

 

ついに沙羅も自分が死ぬ運命にあるという事実を知りました!
廉とみことのやりとりを偶然聞いてしまうのかと予測していましたが、まさかみことが押し入れの中に入れてあえて沙羅に事実を知らせる行動を取るとは…。

沙羅を絶対救い出すというみことの覚悟が沙羅にもあえて聞かせる、という行動に表れていて、その覚悟がビシビシ伝わってきました。

廉もさすがに沙羅が来年死ぬとなったら、性格が悪くない限りはみこととの関係もOKしてしまいますよね。

今までのみことは未来の起こる運命を誰にも知らせず1人で対処しようとしていましたが、今回のみことは沙羅の死の運命を4人兄弟全員に共有した事。
最後は助けられそうな予感を感じられ少しほっと出来ました。

でも、沙羅の死がいまだに謎なんですよね…。今まで視てきた他の人の死は、きちんと死因まで視れていたのに…(><)
なんとか無事に沙羅をみんなで救い出して!!と願うばかりです。

 

沙羅の死因考察

肝心の沙羅の死因は、今のところヒントも展開もありませんが、

少なくとも派手な事故死ではないと言う事は可能性としては高いように感じます。
理由としては死んだ沙羅の顔があまりにも綺麗すぎるんですよね。

そして沙羅は人間ドッグも受けていて何も異常が見れなかったので、病死の線も薄そうですよね。そこから1年足らずで死んでしまうほどの病魔などは考えにくいですし^^;

となると考えられるのは突然の心臓発作に遭ってしまったとか、
沙羅とみことの特別な場所が灯台なので、そこ絡みでの溺死とかではないかな~と勝手に考察しました。(笑)

 

ネットの反応

ドラマスタート時は、みことと沙羅の姉弟愛が気持ち悪い、と批判の声が多く上がっていましたが、
回を追うごとに応援や共感、称賛の声が増えてきたように感じます^^

みことと沙羅のほかにも、廉や藍は情がものすごく湧いてくるキャラと、桐谷健太さんと横浜流星さんの迫真の演技ですから視聴者側は余計に入りこんでしまいますよね。

 

 

4分間のマリーゴールドの『4分間』の意味とは

 

今更な情報かもしれませんが、ちなみにドラマのタイトルにも入っている『4分間』の意味ですが、救急救命における命の救い出せる割合だそうです。

2分で90%、3分で75%、4分で50%との事。

つまり4分間とは生死の分かれ目を左右する重要な時間のようです。

この意味がわかった上でドラマを見ていくと余計に気持ちを入れて見てしまいますね。

スポンサープロダクト